どうなる?2011年の高速道路料金

「休日上限1000円」制度と「無料化社会実験」が適用されるのは2011年の6月の中旬までです。
それ以降は両制度は廃止になるので、高速道路の料金は現在より上がることになります。

たとえば普通車で土日祝日の関越自動車道(昼間利用)大泉IC(インターチェンジ)~湯沢IC間を走った場合、現在は1850円ですが、6月以降は2500円になります。平日料金は4600円です。

N
E
X
C
O

区間

現在
(土日祝1000円)

上限料金廃止後
(土日祝5割引)
大泉IC~湯沢IC 1,850円 2,500円
東京IC~浜松IC 1,750円 2,850円
岡山IC~鹿児島IC 1,000円 7,150円
吹田IC~長野IC 1,850円 4,750円
名古屋西IC~広島IC 2,500円 5,200円



A 神戸淡路鳴門自動車道
(神戸西IC~鳴門IC)
1,000円 2,725円
D 瀬戸中央自動車道
(早島IC~坂出IC)
1,000円 2,050円
E 西瀬戸自動車道
(西瀬戸尾道IC~今治IC)
1,000円 2,350円

夜間割引や深夜割引、土日祝日地方部5割引などは継続されます。
また国土交通省は東北地方の高速道路無料化も検討しています。
具体的な開始時期はまだ発表されていませんが、罹災(りさい)証明書を示した被災者に、東北地方の高速道路を無料化するという制度内容のようです。無料化対象以外の路線が含まれている場合も全額無料になります。

夢見る外国為替