ETC車載器の種類と比較

ETC車載器を買おうと思っているものの、たくさん種類があってなにを基準に選べばいいか解らない・・・きっとそんな方も多いはず。車載器は大きく分けて二種類、アンテナ一体型とアンテナ分離型があります。

一体型はダッシュボードやフロントガラスに張りつけないと電波の問題でETC機が認識してくれません。なので、車内の見た目を損ねるのはちょっと不満・・・という方には向いてないかもしれません。それに堂々と人目につくところに車載器が設置されているため、もしカードを抜き忘れた場合などのことを考えるとセキュリティ面ですこし不安が残りますね。さらに一体型だと音声案内やナビが付いているタイプも少ないので、カードを挿し忘れた場合の事故(料金所を突っ切って備品を損傷)が起きる可能性も充分ありえます。しかしそのぶん取り付けが簡単なので、分離型ほど取り付け費用もかかりませんし、車載器本体も手頃な価格です。防犯に関しても気をつけていればいいことですし、とりあえず安いコストでETCを導入したいという方は、一体型でも充分です。

対して分離型ですが、これはアンテナでETC機と通信できるので車載器本体を車内の目立たない位置に置くことが可能です。ほとんどが音声案内やナビ付きなので、カードを挿し忘れ・挿しっぱなしといったミスが起きることもまずないでしょう。ただ取り付け費用は一体型より若干値段が張りますし、取り付けに時間もかかります。

夢見る外国為替